市原市:雨漏り補修で耐久性アップ・ローコストのリフォーム

施工例画像(屋根リフォーム)

お客様のご要望

屋根全体の診断から雨漏りをなくし、なるべく費用を抑えて
耐久性の高い瓦材で葺きかえること。

受注のキッカケ

以前に給湯器取替え、便座取替えなどしてもらったから。

施工のポイント

アスベスト含みの瓦なのでアスベストを飛散させないように 重ね葺きができる軽量の金属瓦にした。

お客様の喜びの声

雨漏りの心配が無くなり安心したのと出来具合に満足しています。 ありがとうございました。

施工例写真

  • 気づいたきっかけは大雨が降った時。気が付いたら天井に雨漏りの跡がありました。
今まで無かったので、お客様はちょっと不安になり、当社へ確認のご依頼がありました。

    気づいたきっかけは大雨が降った時。気が付いたら天井に雨漏りの跡がありました。
    今まで無かったので、お客様はちょっと不安になり、当社へ確認のご依頼がありました。
  • 屋根裏で何箇所かの雨漏り跡と、屋根上からは瓦下の野地板の傷みが数箇所あるのが分かりました。雨漏りして傷んだ箇所を部分解体したところ、大分腐食している箇所もありました。(解体は工事が決まってから。)

    屋根裏で何箇所かの雨漏り跡と、屋根上からは瓦下の野地板の傷みが数箇所あるのが分かりました。雨漏りして傷んだ箇所を部分解体したところ、大分腐食している箇所もありました。(解体は工事が決まってから。)
  • 部分的に解体も必要

お客様と打ち合わせした結果、瓦の耐久性、重量負担、工期、費用、現在のアスベスト含みの瓦からのアスベスト飛散を抑える施工方法などから金属瓦の重ね葺きをすることになりました。最初にいらない棟包みなど撤去していきます。

    部分的に解体も必要

    お客様と打ち合わせした結果、瓦の耐久性、重量負担、工期、費用、現在のアスベスト含みの瓦からのアスベスト飛散を抑える施工方法などから金属瓦の重ね葺きをすることになりました。最初にいらない棟包みなど撤去していきます。
  • ルーフィング(防水シート)で二重防水

金属瓦を重ねる前に屋根の縁までしっかりとルーフィング(防水シート)を張ります。
これで金属瓦との二重防水になり、今の屋根が少量雨漏りしていても、よほど傷んでいない限り補修に必要がないのも安価で工期が短い要因の一つです。

    ルーフィング(防水シート)で二重防水

    金属瓦を重ねる前に屋根の縁までしっかりとルーフィング(防水シート)を張ります。
    これで金属瓦との二重防水になり、今の屋根が少量雨漏りしていても、よほど傷んでいない限り補修に必要がないのも安価で工期が短い要因の一つです。
  • 重ね葺き

金属瓦は横一列を張り終えてから次の二列目と順次下から上に向かってビス留しながら張っていきます。金属瓦は瓦の中でも防水性能が高く、もちろん留めたビスにも雨は入り込まないような構造になっています。

    重ね葺き

    金属瓦は横一列を張り終えてから次の二列目と順次下から上に向かってビス留しながら張っていきます。金属瓦は瓦の中でも防水性能が高く、もちろん留めたビスにも雨は入り込まないような構造になっています。
  • 金属瓦の加工

金属瓦は約幅30cm×長3mの材料を切って長さ調整しながら使用します。瓦は金属で柔らかいので電動ノコ、金切りはさみなどで切れ加工も比較的楽にできるので、屋根にフィットした形状に仕上げることが可能です。

    金属瓦の加工

    金属瓦は約幅30cm×長3mの材料を切って長さ調整しながら使用します。瓦は金属で柔らかいので電動ノコ、金切りはさみなどで切れ加工も比較的楽にできるので、屋根にフィットした形状に仕上げることが可能です。
  • 笠木取り付け

ハの字型の屋根の場合、右と左の下から瓦を張ってきて頂上でぶつかります。このぶつかった箇所の防水(雨が入らないように)するのが棟包みという材料です。施工中の写真1枚目ではこれを取り外していますが、この棟包みは笠木という木材に固定されます。
木材でも二十年ほど持ちます。

    笠木取り付け

    ハの字型の屋根の場合、右と左の下から瓦を張ってきて頂上でぶつかります。このぶつかった箇所の防水(雨が入らないように)するのが棟包みという材料です。施工中の写真1枚目ではこれを取り外していますが、この棟包みは笠木という木材に固定されます。
    木材でも二十年ほど持ちます。
  • 雨漏りした天井板の取り外し

雨漏りしている箇所の天井板をはがし、新しい天井板を張ることにしました。天井板は石膏ボードを合板に釘と接着剤で貼り付けました。合板は腐食箇所が無かったので、表面の石膏ボードのみ取り替えることにしましたが、はがすのに一苦労しました。

    雨漏りした天井板の取り外し

    雨漏りしている箇所の天井板をはがし、新しい天井板を張ることにしました。天井板は石膏ボードを合板に釘と接着剤で貼り付けました。合板は腐食箇所が無かったので、表面の石膏ボードのみ取り替えることにしましたが、はがすのに一苦労しました。
  • 天井板張替え完成
シミのない天井板張替え後、きれいな天井になりました。
天井材料の石膏ボードの規格が変わり、現状品と同じものがありませんでしたが、加工しながらなるべく遜色がないように仕上げました。

    天井板張替え完成
    シミのない天井板張替え後、きれいな天井になりました。
    天井材料の石膏ボードの規格が変わり、現状品と同じものがありませんでしたが、加工しながらなるべく遜色がないように仕上げました。
  • 屋根リフォーム完成
ダークグリーンの屋根は落ち着いた中におしゃれを感じますよね。今回使用の金属瓦は断熱材付きで、暑さ寒さの遮熱と雨音の緩和機能があり、塗膜の十年保証付きです。
ただ雪がすべり安いので、隣家への配慮で雪止めを付けました。屋根リフォーム工事完了です。

    屋根リフォーム完成
    ダークグリーンの屋根は落ち着いた中におしゃれを感じますよね。今回使用の金属瓦は断熱材付きで、暑さ寒さの遮熱と雨音の緩和機能があり、塗膜の十年保証付きです。
    ただ雪がすべり安いので、隣家への配慮で雪止めを付けました。屋根リフォーム工事完了です。

物件スペック

地域名 市原市
工事期間 7日
工事概算金額 100万円~