市原市で駐車場の増設リフォーム。庭の一部を駐車場にして2台駐車可能に

施工例画像(増改築リフォーム)

お客様のご要望

現在お持ちの小型車(全長4500×全幅1680mm)を駐車場に止めていますが、2台止めるだけのスペースが無いため、もう一台分を造ることにしました。

施工のポイント

小型車用の駐車場を(全長4500×全幅1680mm)で中庭に確保します。 お客様のご利用のことを考え、現在の駐車場も部分に利用できること、乗り降りのスペースを考慮して駐車場の広さを長4500×幅3000mmmにしました。

施工例写真

  • 【駐車場のリフォーム前の様子】

    【駐車場のリフォーム前の様子】
  • リフォームを始める前に、2台目の車を乗り降りするスペースをしっかり計算しておきます。

    リフォームを始める前に、2台目の車を乗り降りするスペースをしっかり計算しておきます。
  • 【駐車場のリフォーム開始】

    【駐車場のリフォーム開始】
  • 隣家と接するブロック、フェンス等に十分注意しながら庭の植木を伐採していきます。
 そして、新しく造る駐車場に合わせて部分解体を進めていきます。

    隣家と接するブロック、フェンス等に十分注意しながら庭の植木を伐採していきます。
    そして、新しく造る駐車場に合わせて部分解体を進めていきます。
  • 重機で大きな植木も慎重に掘削し取り除きます。
地面の土を掘って取り除き、コンクリートを入れるため仕上げ面より20cmほど下げていきます。

    重機で大きな植木も慎重に掘削し取り除きます。
    地面の土を掘って取り除き、コンクリートを入れるため仕上げ面より20cmほど下げていきます。
  • 【コンクリート】
これから、厚さ10cmほどの砕石敷をき、コンクリートの厚さを10cmとして仕上げていきます。

    【コンクリート】
    これから、厚さ10cmほどの砕石敷をき、コンクリートの厚さを10cmとして仕上げていきます。
  • 砕石を敷いて固め、メッシュ状の鉄筋は配置します。
これでコンクリート打設の準備ができました。この後、コンクリートミキサー車→ 一輪車へ小分けして駐車場へと運び込みます。

    砕石を敷いて固め、メッシュ状の鉄筋は配置します。
    これでコンクリート打設の準備ができました。この後、コンクリートミキサー車→ 一輪車へ小分けして駐車場へと運び込みます。
  • 鉄筋がコンクリートの中央に位置し、コンクリート厚さが均一になるように規定量のコンクリートを均していきます。

    鉄筋がコンクリートの中央に位置し、コンクリート厚さが均一になるように規定量のコンクリートを均していきます。
  • 駐車場に入れたコンクリート表面をコテで仕上げ完了です。とてもきれいに仕上がりました。

    駐車場に入れたコンクリート表面をコテで仕上げ完了です。とてもきれいに仕上がりました。
  • 既存の駐車場と新たに造った駐車場でL型の駐車場の完成です。
新たに造った駐車場の出入り口が既存の駐車場に停まった車にふさがれないようにして、2台の車がストレス無く駐車場の出入りができるようにしました。

    既存の駐車場と新たに造った駐車場でL型の駐車場の完成です。
    新たに造った駐車場の出入り口が既存の駐車場に停まった車にふさがれないようにして、2台の車がストレス無く駐車場の出入りができるようにしました。

物件スペック

地域名 市原市
工事期間 7日
工事概算金額 30万円~