市原市:屋根瓦リフォーム 雨漏りトラブルを解決

施工例画像(屋根リフォーム)

施工のポイント

雨が強く降った時に過去に何度が雨漏りしたことがあった程度だが、天井板が傷んでいるので一度雨漏りの確認をしてほしい。 との依頼がありました。

施工例写真

  • 雨漏りがある箇所の鬼瓦を取り外しています。

    雨漏りがある箇所の鬼瓦を取り外しています。
  • 丸瓦、のし瓦を取り外して行きます。

    丸瓦、のし瓦を取り外して行きます。
  • ルーフィングの下は雨漏りで野地板が腐食していましたので、部分的に張替えをしました。

    ルーフィングの下は雨漏りで野地板が腐食していましたので、部分的に張替えをしました。
  • 屋根裏から雨漏り箇所を特定した棟を取り外します。
棟を取り外すと防水機能のあるルーフィングが破れていました。
これでは雨漏りするはずです。

    屋根裏から雨漏り箇所を特定した棟を取り外します。
    棟を取り外すと防水機能のあるルーフィングが破れていました。
    これでは雨漏りするはずです。
  • 新たにルーフィングを張り直し、防腐剤の処理をした瓦桟を取り付けて処置しました。

    新たにルーフィングを張り直し、防腐剤の処理をした瓦桟を取り付けて処置しました。
  • 棟を積む前に掃除をしてから防水機能がある南蛮シックイを入れてのし瓦を積んでいきます。

    棟を積む前に掃除をしてから防水機能がある南蛮シックイを入れてのし瓦を積んでいきます。
  • 1段目ののし瓦同士もずれないようにコーキング材で留めています。
この上に南蛮シックイを入れて2段目ののし瓦を積んでいきます。
2段目ののし瓦のずれないようにコーキング材で留め、その上に丸瓦をのせていきます。
丸瓦もずれないようにコーキング材で留めています。

    1段目ののし瓦同士もずれないようにコーキング材で留めています。
    この上に南蛮シックイを入れて2段目ののし瓦を積んでいきます。
    2段目ののし瓦のずれないようにコーキング材で留め、その上に丸瓦をのせていきます。
    丸瓦もずれないようにコーキング材で留めています。
  • 南蛮シックイを使用して積み直した後に面戸をコテで仕上げますが、南蛮シックイよりもコーキング材がよい個所もあります。

    南蛮シックイを使用して積み直した後に面戸をコテで仕上げますが、南蛮シックイよりもコーキング材がよい個所もあります。
  • 棟と外壁の接合箇所には、壁中に板金と防水シートが張ってあります。
もし、接合箇所から雨水が入ってきても板金で押さえて外へ排出する仕組みです。

    棟と外壁の接合箇所には、壁中に板金と防水シートが張ってあります。
    もし、接合箇所から雨水が入ってきても板金で押さえて外へ排出する仕組みです。
  • 新たに積み直した棟瓦をしっかりと壁中まで差し込み、隙間をコーキング処理していきます。雨漏りを防ぎます。

    新たに積み直した棟瓦をしっかりと壁中まで差し込み、隙間をコーキング処理していきます。雨漏りを防ぎます。
  • 1,2階の棟積み直し作業が終わりとなります。雨漏りでお悩みの方は是非ともあきらめないでくださいね。

    1,2階の棟積み直し作業が終わりとなります。雨漏りでお悩みの方は是非ともあきらめないでくださいね。

物件スペック

地域名 千葉県市原市
工事期間 3日
工事概算金額 40万円~