市原市:ウッドデッキとテラスの屋根取付け工事

施工例画像(エクステリアリフォーム)

お客様のご要望

庭に面した1階のリビングと和室
にウッドデッキを取り付けたい
とのことでした。
また、テラス用の屋根も
取り付けることになりました。

施工のポイント

ウッドデッキは1階リビングなど の庭側に張り出して取り付ける 場合が殆どです。 ウッドデッキは室内の延長として 考え、そこに屋外という 要素を取り入れました。 そのためリビングから一歩出る 手軽さで、屋外で楽しめる 食事や家族、知人との コミュニケーションの場を 作り出すことができます。

お客様の喜びの声

お客様のご希望通り出来上がった ウッドデッキとテラス用屋根に、 とてもご満足の様子でした。

施工例写真

  • ベランダと窓の隙間にテラス
用屋根を取り付けることに
なりました。

    ベランダと窓の隙間にテラス
    用屋根を取り付けることに
    なりました。
  • ウッドデッキの形状、材質、
フェンス種類、テラス用屋根
の種類など、お客様と
打ち合わせして
工事開始となります。

    ウッドデッキの形状、材質、
    フェンス種類、テラス用屋根
    の種類など、お客様と
    打ち合わせして
    工事開始となります。
  • ウッドデッキを支える束(脚)
を立て、床材を載せる大引き
(太い柱を束と
束の間に掛けます。)
を取り付けます。

    ウッドデッキを支える束(脚)
    を立て、床材を載せる大引き
    (太い柱を束と
    束の間に掛けます。)
    を取り付けます。
  • [完成]
今回は道路や隣家から覗かれる
心配もないため、高さが
80cmのラチスタイプを
取り付けました。
視線が気になる方は高さ
1.5~1.8m程度で
ルーバータイプの隙間が少ない
フェンスや目隠し専用フェンス
をお勧めいたします。

    [完成]
    今回は道路や隣家から覗かれる
    心配もないため、高さが
    80cmのラチスタイプを
    取り付けました。
    視線が気になる方は高さ
    1.5~1.8m程度で
    ルーバータイプの隙間が少ない
    フェンスや目隠し専用フェンス
    をお勧めいたします。
  • ウッドデッキで日差しや雨を
しのぐ為に屋根を取り付ける
場合もあります。
雨風を通さないポリカーボネート
製の板状屋根やパーゴラみたいに
、ある間隔で板が渡してありツル
を絡ませるようなタイプ、
オーニングの様に布状の庇を出し
入れできるタイプと様々です。

    ウッドデッキで日差しや雨を
    しのぐ為に屋根を取り付ける
    場合もあります。
    雨風を通さないポリカーボネート
    製の板状屋根やパーゴラみたいに
    、ある間隔で板が渡してありツル
    を絡ませるようなタイプ、
    オーニングの様に布状の庇を出し
    入れできるタイプと様々です。
  • [完成]
お客様の生活状態とご希望から
テラス用屋根取り付けは和室側
にして物干し金具も
取り付けました。

    [完成]
    お客様の生活状態とご希望から
    テラス用屋根取り付けは和室側
    にして物干し金具も
    取り付けました。

物件スペック

地域名 千葉県市原市
工事期間 3日
工事概算金額 60万円~