ユニットシャワー・ルームを交換し、腰掛けのあるリラックス空間へ:千葉市

ユニットシャワー・ルームを交換(風呂リフォーム)

お客様のご要望

今回のお客様は、ユニットシャワー・ルームをお使いになって20年以上経ちますが、混合水栓のハンドルを閉めても水が漏れるようになってきたため、取り替えることになりました。

施工のポイント

お客様が選んだ理由の一つは、シャワールーム内にゆっくり座れるスペースがあることでした。仕事から疲れて帰り、座って体を洗いたいと思うことがあります。楽な姿勢で洗うとこで身体、心ともリラックスできます。

施工例写真

  • 混合水栓のハンドルを閉めても水が漏れるようになってきました。

    混合水栓のハンドルを閉めても水が漏れるようになってきました。
  • メーカーに確認したところ、古いため部品もなく対応できないことが分かりました。20年以上お使いになって
・汚れが落ちなく傷も目立ってきた
・混合水栓の水漏れがする
・ドアのガタツキもある。
などから、取り替えることになりました。

    メーカーに確認したところ、古いため部品もなく対応できないことが分かりました。20年以上お使いになって
    ・汚れが落ちなく傷も目立ってきた
    ・混合水栓の水漏れがする
    ・ドアのガタツキもある。
    などから、取り替えることになりました。
  • 今回のユニットシャワー・ルーム室内の大きさは約幅800mm×奥1150mmです。

    今回のユニットシャワー・ルーム室内の大きさは約幅800mm×奥1150mmです。
  • 玄関から階段、シャワールーム前まで床の養生が完了しました。

    玄関から階段、シャワールーム前まで床の養生が完了しました。
  • 給水・給湯配管を取り外していきます。

    給水・給湯配管を取り外していきます。
  • ユニットシャワー・ルームの解体をしていきます。ネジが錆びて回らない箇所は切って取り外していきます。

    ユニットシャワー・ルームの解体をしていきます。ネジが錆びて回らない箇所は切って取り外していきます。
  • その後給水・給湯配管、電気配線工事をして半日ほどで終了しました。予定通りの進捗でした。

    その後給水・給湯配管、電気配線工事をして半日ほどで終了しました。予定通りの進捗でした。
  • ユニットシャワー・ルームは、はじめに床材をセットし壁、天井と続けて組み立てていきます。

    ユニットシャワー・ルームは、はじめに床材をセットし壁、天井と続けて組み立てていきます。
  • 組み立てが終わったら、排水配管、給水・給湯配管を接続していきます。

    組み立てが終わったら、排水配管、給水・給湯配管を接続していきます。
  • 工事個所の壁クロス張り替えをして工事終了となります。

    工事個所の壁クロス張り替えをして工事終了となります。
  • ユニットシャワー・ルーム内壁は白を基調にしました。

    ユニットシャワー・ルーム内壁は白を基調にしました。
  • 清潔感があり、スッキリした仕上がりになりました。

    清潔感があり、スッキリした仕上がりになりました。
  • 腰掛けがあることで、疲れた時には腰を掛けてシャワーを楽しむことができます。

    腰掛けがあることで、疲れた時には腰を掛けてシャワーを楽しむことができます。

物件スペック

地域名 千葉県千葉市
工事期間 3日
工事概算金額 80万円~
築年数 20年